一般的な不妊治療にかかる費用 銀行ローンを検討してみる

一般的な不妊治療にかかる費用

一般的な不妊治療として
・タイミング法
・人工授精
・体外受精
があります。

 

タイミング法は保険適用となりますが
人工授精、体外受精は保険適用外となっています。

タイミング法では1回 数千円
人工授精では1回 1~2万円
体外受精 1回 20~60万円

一回で妊娠できれば良いのですが、なかなかそうもいかず
回数を重ねるカップルのほうが多いのが実情です。
最近は結婚する年齢も上がっているために
不妊治療のお金を貯めるといっても
時間が限られているという問題もあります。
やはり年齢が上がればそれだけ身体の条件も不利になって
妊娠の確率も下がってしまうからです。

そこで検討したいのが銀行のローンです。
もちろん各自治体の不妊治療助成金も使えるのですが
それではカバーしきれません。

不妊治療の甲斐あって子供が生まれたあと
教育費などのこともありますので
銀行融資をしてもらってまで不妊治療をするかどうか?
というのは夫婦でよく検討しなければならないことですが
以下に紹介する商品が出来ているということは
それだけ要望があるということなのかもしれません。

いくつかの銀行が不妊治療の費用を融資してくれますので
紹介いたします。

東京スター銀行「スターワンバンク(不妊治療サポートタイプ)」

特徴1 治療費をはじめとして使い道自由。
特徴2 年率7.8%
特徴3 インターネットで申し込みが出来る

※申し込み時に、不妊治療に関する受診を確認できる書面(診断書など)のコピーを提出するなどの必要があります。

詳しい内容はこちらでご確認ください。

 

大垣共立銀行「フタリ・デ」

特徴1 不妊治療、人工授精、体外受精、顕微受精、妊娠出産に必要な物品など項目が決まっている。
特徴2 変動金利

※借入中に子どもが生まれ、いくつかの要件を満たすと50000円のギフトカードがもらえる。

詳しい内容はこちらでご確認ください。

 

池田泉州銀行「妊活・育活応援ローン」

特徴1 産休・育休中は利息のみの支払いOK
特徴2 繰り上げ返済手数料無料

詳しい内容はこちらでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です