子宮内膜症の原因と治療

子宮内膜症の原因と治療

 

子宮内膜症の原因と言うのは、まだはっきりと解明をされていません。
以前は30~40代の女性に多くみられていた病気でしたが、初潮の低年齢化によって10~20代の女性にも増えてきている病気です。
激痛をともなう月経が特徴となっていますので、月経が来るたびに日常生活に支障をきたす場合も多く見受けられます。
この症状は閉経するまで(50歳前後)という長い付き合いになりますので激痛をともなう月経がある場合には、なるべく早く婦人科を受診することをお勧めします。

原因

 

子宮内膜移植説・・・月経血が子宮から卵管を通ってお腹へ逆流してしまう。
体腔上皮化生説・・・なにかのきっかけがあり、腹膜が子宮内膜に変化してしまう。

以上の二つが考えられています。そのなかでも子宮内膜移植説が有力であると言われています。むかしの女性は初潮を迎えてまもなく結婚、妊娠・出産をしていました。授乳中は排卵を抑制するホルモンが働きますので、月経も止まっています。そして子供を出産する回数も多かったので、自然と月経の回数も少なくなっていました。それに比べて現代の女性は、初潮は早いのに晩婚化傾向であって、出産の回数も少なくなっています。単純に考えても現代の女性が一生のうちに経験する月経の回数は何倍にもなっており、あるデータによると10倍近いとも言われています。
子宮内膜症は、現代のライフスタイルならではの病気でもあります。

 

治療

 

治療には、まず薬物治療から始まるケースがほとんどです。

・偽妊娠療法・・・低用量のピルを使用して、妊娠しているのと同じ状態を作ります。副作用もほとんどありませんので安心して使うことが出来ます。
・黄体ホルモン療法・・・卵胞ホルモンを抑えることで排卵を停止させます。
子宮内膜症の病巣に直接作用して縮小させることが期待できます。こちらも更年期症状のような症状が現れることがあります。
・GnRHアナログ療法・・・性腺刺激ホルモンのGnを放出させるホルモンRHの働きを抑制します。卵巣機能を抑える働きがあります。この治療をすることで閉経と同じ状態にして病巣を小さくさせることを目的としています。
閉経状態と同じ状況を作り出しますので、更年期障害のような症状が現れることがあります。
・ダナゾール療法・・・2種類の性腺刺激ホルモンを抑えて、エストロゲンを抑えます。それによって排卵・月経を停止することが出来ますので病巣を小さくすることが期待できます。肝機能障害を誘発したり、声が低くなる、体毛が濃くなるなどの副作用が現れる場合があります。定期的に肝機能の検査があります。

薬物治療をしても効果が見られない場合には手術による治療も必要になる場合があります。手術は腹腔鏡下手術または開腹手術となります。

1.腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術は、全身麻酔下でお腹に2~3か所に小さな穴をあけて、炭酸ガスを注入してお腹を膨らまして、そこに内視鏡を差し入れます。そこから映し出される画像を確認しながら切除や焼灼などをして患部を直接治療します。開腹手術に比べて傷も小さくて済むので、手術後の痛みが少ないのが特徴です。
入院期間も4~5日(身体の状態による)くらいで退院することが出来て、腹腔内での癒着する可能性も低くすることが出来ます。身体への負担が少なくて済むので早く日常に戻ることが出来ます。

2.開腹手術

お腹を切開します。過去に開腹手術を受けたことがある場合、強い癒着が疑われている時には開腹手術を勧められることが多いようです。
もう、妊娠の予定がない場合などは、子宮内膜症の根治のために子宮摘出することがあります。また卵巣にチョコレートのう腫があるときには卵巣の摘出も勧められることがあります。
妊娠の予定がある場合には、患部だけを取り除く手術になります。ただし今は子宮内膜症の診断であっても10cm以上の腫れがある場合には将来ガンになるかもしれないという可能性があり注意が必要となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました