妊娠をするにはどの年代?高齢出産のメリット・デメリット

妊娠をするにはどの年代がいいのか?

 

これは生理周期に合わせた妊娠率を表わしたものとなります。

30歳まで・・・25~30%

35歳  ・・・・18%

40歳  ・・・・5%

45歳  ・・・・1%

これらの数字を見ても30歳を過ぎると急激に妊娠する確率がダウンするのがお分かり頂けると思います。もちろん、いつ子供を産みたいのか?子供を産む産まないというのは個人のタイミングもあるでしょう。いろいろな背景がありますので、なんとも言えませんが子供が欲しいと感じているのならば早いに越したことはないということになります。
また、35歳を過ぎると妊娠の確率も急激に下がるだけでなく、流産などの確率も上昇し、さらに妊娠・出産をすることが難しくなってしまいます。流産の確率は、40代女性で約50%の確率となっています。

最近では芸能人などの高齢出産が報道されたりしていますので、高齢出産ってハードルが高いという認識は薄れているのかもしれません。しかしそれは本当に奇跡の連続でその過程に至っているというのがわかると思います。それなので妊娠・出産をするということだけを考えるならば、30歳前に妊娠・出産をしておくことが望ましいのかもしれません。現在、全出産の30%ほどが高齢出産と言われています。

 

高齢出産のメリットとデメリット

高齢出産とは日本産婦人科学会の定義では、35歳以上で妊娠・出産することとなっています。

デメリット

 

先天性異常や自然流産の発生する確率も上昇します。30歳未満で10%だった自然流産の確率は35歳になると20%と言われています。またダウン症児の生まれる確率は25歳で1/1250の確率と言われているものが35歳では1/400の確率になります。約3倍の確率になるということです。また、若い年代の出産でもあることではありますが、高齢出産により高まるリスクとしてよく言われているものに妊娠糖尿病があります。妊娠糖尿病は母体が妊娠高血圧症候群、羊水量の異常、網膜症、腎症などを引き起こす要因にもなっていると言われています。
また他にもどうしても体力の低下というものを意識せざるを得ません。妊娠や出産をするのにも体力がいります。もちろん出産後の子育てにも体力が必要です。若いころから体力づくりが不可欠となります。
出産後の母親と赤ちゃんを取り巻く環境をちょっと見てみましょう。
考えてみれば当然のことなのですが、母親になる女性が歳を重ねているということは、その母親の両親というのも歳を重ねているのです。両親が子育てを手伝ってやりたい気持ちはあったとしても体力面や身体面から見ても期待できないということも頭に置いておかなければなりません。

 

メリット

 

やはり、一番のメリットと言えば金銭的な余裕があるということになります。そして様々な社会経験を積んでいますので、心の余裕も持ち合わせています。
また、周りの友達にも妊娠・出産を経験している人が多くなりますのでアドバイスを受けられるということも大きなメリットになると思います。他にもイギリスの研究では40歳以上の女性が出産をすると、その子供が5歳になるまで、その子供の怪我や肥満の割合が低くなるというデータもあります。これは女性が妊娠・出産するまでにたくさんの経験を積んだり、周りから情報を入手する機会も多かったことが影響していると考えられています。危険に対するリスクを予想し対処できるということです。そのように知識を蓄えてから子育てに向き合っていけますので余裕が違ってきます。

また、子供のIQが高くなるという傾向もあります。これは子育てのやり方なのかもしれませんが、高齢出産になる女性は高学歴であることが多いというデータもあります。高学歴の女性は本を読むことが多いと言われていますので自然と子供への読み聞かせも増える傾向があります。20代の母親が読み聞かせをしている割合は57%であるのに対して40代の母親が読み聞かせをしている割合は76%にもなっています。

高齢出産というとリスクやデメリットに意識が行きがちではありますがリスクやデメリットを超えるメリットがたくさんあるということもわかりますね。
妊娠も出産も年齢によるメリット・デメリットもあります。いろんな面を考えて早めの計画が良さそうです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました